禁酒を成功させる秘訣はとっても単純!複数のメリットを用意しよう

禁酒・断酒を成功させる秘訣はとっても単純!複数メリットを用意しよう禁酒断酒

「よし!禁酒するぞ!」と意気込んだあとに、失敗(再飲酒)してしまったという経験はありませんか?

「あぁやっぱり自分にはお酒をやめるなんて無理なんだ・・」

ちょっと待ってください!

そう思うのはまだ早いかもしれませんよ!!

この記事では、禁酒を成功させる秘訣についてお話ししていきたいと思います。

私は現在、ヘルスケア業界で15年以上働いており、2019年10月12日から現在進行形で完全断酒を続けています。

Twitterも毎日投稿していますのでご興味あればリンクボタンからよろしくどうぞ(^^)

結論からお話しすると、病院に行かずに自力で禁酒を成功させる秘訣は、アルコールによって得られる快感をはるかに上回るメリットを全身にまとうことです。

それでは詳しく解説していきましょう。

スポンサーリンク

禁酒が失敗(再飲酒)してしまう原因

禁酒が失敗(再飲酒)してしまう原因

さて、再飲酒してしまうパターンには次の2つがあるかと思います。

①禁酒を始めてすぐ(1週間以内)に再飲酒してしまうパターン
②長期間うまくいっていたのに再飲酒してしまうパターン
スリップというと①の禁酒を始めて間もない時期をイメージされるかもしれませんが、②のしばらくうまくいっている時期にも気をつける必要があります。

“自分に限っては”飲んでもまた直ぐやめられると思ってしまう

上記②の長期間うまくいっているパターンで多いのが、「自分だけは大丈夫だろう」という謎の自信です。

人間、ポジティブに考えた方が良いときもありますし、人生の中でそういう場面が大半ですよね。

しかし、禁酒を継続していく際にはそのポジティブさは仇となってしまいます。

すでにあなたが何度も再飲酒してしまっていることからも分かるように、あなただけが特別にアルコールから解放されることは絶対にないのです。

「少しでも飲めば元どおり」

この現実をまずは直視し、受け入れることから始めましょう。

アルコールによって得られる快感を忘れることができると思っている

「自分だけは大丈夫」が通用しない背景として、禁酒をしようとしているあなたの脳は残念ながら、アルコールによって快感が得られることをすでに知ってしまっています。

脳に記憶されているのです。

人間の記憶には、強く残っている記憶もあれば、あまり残っていない記憶もありますよね。

あなたが幼少期だった頃を思い出してみてください。

1から10まですべてを覚えていることはまずないと思いますが、何年経っていても部分的に覚えている強烈な記憶ってありますよね。

アルコールによって得られる快感というのは、それとは比較にならないほど強く脳に残っているものなのです。

しかもあなたの脳は恐らく何年もずっとアルコールを浴び続けているはず。

忘れようと思っても忘れられませんし、忘れたと思って1滴でも飲めばその頃の記憶が一瞬で呼び起こされます。

「何年たってもあなたの脳は、アルコールによって得られる快感を忘れることはない」

このことを忘れてはいけません。

禁酒のメリットで全身武装できていない

禁酒をする際には、上記のように「アルコールによって得られる強烈な快感の記憶」と戦い続けなければなりません。

飲めば快感を得られることを脳は知っていますから、あの手この手でアルコールを飲ませようと自身の身体に指令を出してきます。

そういった脅威からあなた自身を守るには、お酒をやめるメリットをたくさん挙げて全身武装することをおススメします。

・お金が浮く
・時間が生まれる
・朝が気持ちいい
・エネルギーが生まれる
・仕事がはかどる
・やせる
・健康に良い
・飲酒運転、酒気帯び運転のリスクゼロ

などなど

上記のように、お酒をやめるメリットは挙げればキリがありませんね。

これらを全身にまとうことで、アルコールによるアタックから身を守るのです。

禁酒を成功させる秘訣

禁酒・断酒を成功させる秘訣

成功の秘訣はある意味単純で、

アルコールによって得られる快感 <<< 禁酒・断酒によって得られるメリット

となるようにセルフコントロールすることです。

このメリットが弱まってくると、再飲酒してしまうリスクが高まります。

私は上記の意識を保つことで、病院に行かずに自力でお酒をやめることができています。

この記事がこれからお酒をやめようとしている方の参考となればうれしいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

あわせて読みたい

禁酒のメリットは「禁酒にはメリット多すぎ! -禁酒が脳に与える3つの影響-」に一部記載していますので興味があれば見てみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました