新歓コンパでの飲酒には気を付けよう【未成年者の飲酒は違法】

新歓コンパでの飲酒には気を付けよう【未成年の飲酒は違法だよ】禁酒断酒

ついに憧れのキャンパスライフだぜ!

サークルどこにしよっかなぁ

まずは合格おめでとうございます!

長かった受験勉強を乗り越えてやっと「新・大学生」になったあなたは、わくわくドキドキなのではないでしょうか。

あなたは人生初のひとり暮らしを始めているのかもしれませんし、 参考書が思ったより難しそうで焦っているのかもしれませんし、アルバイトを始めてみようかなと求人雑誌を手に取ったりしているのかもしれませんね。

そんな希望に満ちあふれたキャンパスライフがスタートしたわけですが、1つだけ気を付けなければならないことがあります。

それは、『新歓コンパ』と呼ばれる『飲み会』です。

この記事では、どうして新歓コンパに気を付けなければならないのか?ということについてお話ししていきます。

私は大学生の頃からお酒を飲んでおり、その約20年後、2019年10月からはお酒を一切飲まない「断酒」に取り組むことになりました。

そして、もしもタイムマシーンで大学生だった頃の自分に会えたらこう言うでしょう。

『周りがいくら勧めてきても、酒とタバコとギャンブルにだけは絶対手を出すな』
(※私はギャンブルはやったことがありません)

ここからは、私の新歓コンパの経験を振り返りながら、未成年者飲酒禁止法について、そして未成年者の飲酒リスクにはどのようなものがあるのかについて解説していきます。

この記事を読み終えると、新歓コンパでの飲酒に対して正しい知識をもったうえで参加できるようになります。

スポンサーリンク

新歓コンパって何?

新歓コンパって何?

新歓コンパとは、新しく大学に入学してきた新1年生を歓迎する「新入生歓迎コンパ」略して「新歓コンパ」です。

だいたい4月から遅くても5月くらいには開催されるもので、GW明けから少し暖かくなってくるとBBQという形式をとるところもあります。

新歓コンパの開催単位は、サークル単位やゼミ単位、私の場合は学生寮単位でした。

入学したての頃は友達もほとんどいないので、そういうイベントを通して友達を一気に増やしたり先輩に知ってもらえたりするキッカケにはなります。

ただ、新歓コンパには未成年者の飲酒問題がつきまとうため、注意が必要なのです。

私の大学時代の新歓コンパはどんな感じだったか振り返る

私の新歓コンパはどんな感じだったか振り返る

一般的に大学生は、アパートを借りて独り暮らしするか、実家から通うかというパターンが多いと思いますが、私の場合は学生寮に3年間住んでいました(4年目は申請が更新できず出されてしまいました)。

なので、この記事では基本的に学生寮の新歓コンパがメインのお話となります。

1年生の時の新歓コンパ

右も左も分からず引っ越しの荷物を片付けている新入生に、寮の先輩から新歓コンパの案内が届きます。

毎年恒例のイベントのようでしたし特に断る理由もないので、参加することにしました。

当日は寮内にあるイベントホールに長い席が何列も用意されており、そこにはオードブルが並べられています。

当然ビールも設置されていますし、ウーロン茶やジュースもあります。

「かんぱーい!」

最初はもちろんウーロン茶なのですが、そのうち手慣れた先輩方から「まぁまぁまぁ」とビールを勧められます。

普通にビールを飲むだけでも酔っぱらいますが、酔いが回ってくるとだんだんと気が大きくなっていきます。

するとなぜか飲める気になり、水だと称した焼酎を飲まされます。

私はこのとき生まれて初めて芋焼酎を飲んだのですが、とっても臭くてマズかったのを覚えています。

頭痛がしてきて吐き気も出てきたので、フラフラになりながら何とか自室へ戻り、そのままバタンキュー。

もちろん翌日は二日酔い。。

この時、まさか自分が20年後にこんなブログを書くことになろうとは夢にも思いませんでした。

2年生の時の新歓コンパ

去年と同じように寮の先輩から新歓コンパの案内がきました。

ですが、主役はあくまで新入生。自分は2年生だからと余裕をかまします。

で、1年前と同じように新歓コンパがスタート。

最初ビールでいきますが、1年前に比べて経験値が上がっているので芋焼酎に手を出します。

そして、カッコつけてロックでガンガン飲みます。

結果去年よりもひどい酔い方をしてしまい、友人に介抱してもらい何とか自室に戻り、トイレでリバース。

ここで人生で初めて、リバースのつらさを学びました。

3年生の時の新歓コンパ

3年目も再びこの季節がきました!とばかりに新歓コンパの案内がきます。

私は昨年ひどい目に遭ったので、今年は飲みすぎないぞと心に誓い新歓コンパに臨みます。

実際に、去年のリバース経験から自分の「閾値」というのが分かり、冷静さを失わずセーブすることができました。

そして今回は、酔いつぶれた後輩の面倒を見る側になっていました。

4年生の時の新歓コンパ

4年目からは寮を出たのですが、内心少しホッとしました。

案の定、寮の新歓コンパのお誘いはあったものの、新しく借りたアパートと寮が離れていたため断ることができたのです。

おそらく、今年も誰かが酔いつぶれ、誰かがそれを介抱するという地獄絵図が繰り広げられているんだろうなぁと空を見上げていました。

大学時代の新歓コンパを振り返ってみて

20年くらい前のことですが、私の飲酒人生はここから始まったんだなと、この記事を書きながら思いました。

このあと私は社会人となり、そこでも歓送迎会や忘年会を含め飲酒イベントのオンパレードでしたし、これからもしばらくそういうイベントは続きそうです。

結果的に私はみずからお酒を断つことになるわけですが、この20年間、膨大な量の時間を無駄にしていたことにここでやっと気付いたのです。目が覚めたのです。

もっと早く気付いていればと悔やまれますが、この記事を読んでいるあなたには伝えたい。

『周りがいくら勧めてきても、酒とタバコとギャンブルにだけは絶対手を出すな』と。

未成年の飲酒は違法です

未成年の飲酒は違法です

誰でも知っているとは思いますが、未成年者の飲酒は「未成年者飲酒禁止法」という法律で禁止されています。

詳しくは、厚生労働省のe-ヘルスネット「未成年者飲酒禁止法」をご覧ください。

簡単にいいますと、未成年者の親は子供がお酒を飲んでいるのが分かったら止めなきゃいけないし、お店側は未成年者に売ってはいけないし年齢確認をしなければならないというもの。

じゃあ、その未成年者本人には何もペナルティはないのかというとそういうわけでもなく、親の言うことをちゃんと聞かない子供だとして家庭裁判所による保護処分となることがあります。

もちろん、年齢をごまかして酒を買い、そのお店側に損害が出てしまった場合、年齢をごまかした未成年者本人に損害金を請求されるケースだってありえます。

未成年者の飲酒に関しては、あくまで大人がちゃんと管理しなさいということなのですが、未成年者側もきちんとした知識をつけておくことが大事です。

そこで、考えてほしいのです。

「未成年者は飲んだらダメ」「20歳になったら飲んでもOK」というように単純に考えても良いのだろうか?と。

法律で禁止されているということは、そうなった理由が必ずあるはずなんです。

答えは単純。

「未成年者の飲酒は危険だから」です。

未成年者の飲酒が危険である理由

未成年者の飲酒が危険である理由

未成年者の飲酒が危険な理由は、次のとおりです。

①急性アルコール中毒になりやすい
②アルコール依存症になりやすい
③脳の萎縮が早まる
④性機能の発育に悪影響が出る
⑤事件や事故に巻き込まれる可能性が高まる

それぞれについては別記事「お酒は20歳になってから」に関する疑問の方で詳しく説明していますので、興味があれば読んでみてくださいね。

まだ若くて頭の柔らかいあなたならきっと分かるはずです。

お酒に関しては、日本社会全体が洗脳されているんです。

生まれた時から身近にアルコールがあり、20歳になったら飲むものだと誰しも思っています。

でも果たしてそれは正しいことなのでしょうか?

せめてこの記事を読んでいただいているあなたにだけは、“世間の常識”というものを疑うことができる目を持ってもらいたいと切に願います。

まとめ:新歓コンパでの飲酒には気を付けよう【未成年の飲酒は違法だよ】

まとめ:新歓コンパでの飲酒には気を付けよう【未成年の飲酒は違法だよ】

新歓コンパは、大学生活はもちろん、一生の友人となる人にも出会える可能性のある貴重な機会です。

ですが、若いがゆえにお酒の危険性を甘く見てしまいがちです。

たとえば、救急車で運ばれたり最悪亡くなったり、セクハラを受けたり、取り返しのつかないことになったりすることだってあります。

そうならなくても、アルコール依存症のスタート地点となることも多いです。

もしあなたが、幸せな未来を手に入れる確率を上げたいのであれば、アルコールやタバコやギャンブルといった依存性のあるものには手を出さないことを強くおススメします。

それでは楽しいキャンパスライフを!!

あわせて読みたい

20代前半の年代は特に、男性よりも女性の飲酒率が高いという統計データが厚労省より発表されています。
成人してお酒に興味が出てくる気持ちは分かりますが、特に女性には「禁酒のメリットは女性の方が大きい?女性特有の飲酒リスク3選」をご覧いただきたいと思います。

禁酒断酒
スポンサーリンク
「MJ」のTwitterアカウントはこちら
MJ BLUE BLOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました