禁酒が失敗してしまう原因とその対処法

禁酒が失敗してしまう原因とその対処法禁酒断酒

禁酒が失敗してしまう原因を知ることは、禁酒への第一歩です。

そして、原因を理解することで禁酒失敗への対処ができるようになります。

・禁酒に失敗する原因
・禁酒失敗への対処法

この記事は、「自分で飲酒量をコントロールできなくなってきたけど病院には行きたくないよ」と思っている方に向けて上記の2点について解説していきます。

スポンサーリンク

禁酒に失敗する原因

自己分析が必要な理由

アルコールに脳を支配されているから

自分で飲酒量をコントロールできないのは、決してあなたの意思が弱いわけでもないですし、あなたが悪いわけでもありません。

単に、”アルコールに脳を支配されている”からなんです。

禁酒を頑張っている自分に対して、もうひとりの自分がこう言います。

「今日は頑張ったから飲んでもいいと思うよ。」

「350ml缶1本だけだったら大丈夫だよ。」

「今日だけ特別なご褒美で1杯だけ許してあげようかな。」

「〇〇さんからムカつくこと言われたんだね。もう飲んじゃっていいと思うよ!」

「腹立つよねぇ。今日だけは飲んじゃえば?」

などなど。

これらはすべて、”アルコールに支配されてしまった脳”が発していることばなのです。

「あなたの本当の声ではない」

ということをまず自分自身が認識することから始めてみましょう。

”もうひとりの自分” が再飲酒させるから

あなたに再飲酒させようとしてる”もうひとりの自分”の正体はズバリ、

「ドーパミン」

という脳内の神経伝達物質です。

これは脳に快感を与える物質で、アルコールを飲むと、このドーパミンが分泌されます。

なので、

禁酒するにあたり、”自分”と”もうひとりの自分”を自己認識できるようになりましょう。

”もうひとりの自分”は人間ではありません。

ただの神経伝達物質です。

ドーパミンに関しては厚生労働省のホームページに詳しく載っていますので、興味があれば見てくださいね。

禁酒失敗への対処法

失敗原因への対処法

再飲酒してしまった理由を記録する

上記では、まず自己認識が必要だということを書きました。

意識してみることで、「あなた」と「再飲酒を勧めるもうひとりのあなた」がいることが分かるようになると思います。

ただ、これだけでは不十分で、再飲酒してしまうトリガー(きっかけ)が分からないと対策のしようがありません。

”もうひとりの自分” による甘い言葉から再飲酒してしまうので、そのきっかけをあまり覚えていないことが多いのです。

「あれ?なんで飲んじゃったんだろ。最悪。。」

という感じで自己嫌悪になりますよね。

もし再飲酒してしまった場合、そうなった理由を書き出してみてください。

私は再飲酒したきっかけが分からずにいましたが、禁酒を記録していくことでトリガーが分かるようになりました。

私の禁酒失敗パターンと対処法(参考)

私は2019年7月から本格的に禁酒を試み、2度失敗しています。

具体的に禁酒が継続した期間は、

2019年7月は7月18日~7月31日の14日間

2019年8月は8月18日~9月1日の15日間

です。

記録を付けて分析するまでは気付かなかったのですが、私の禁酒失敗パターン。

それは、

「月末に飲酒欲求が強まる」

ということです。

あらためて考えてみると、月末の仕事が終わるとものすごく飲みたくなるのです。

つまり私の場合は、

「月末・月初は要注意!!」

ということになります。

そこから、別記事でも書きましたが「禁酒カレンダー」を始めました。

あわせて読みたい

上記の禁酒カレンダーについては、
「禁酒カレンダー」私が唯一 禁酒・断酒に成功したおすすめ方法
をご覧ください。

私の場合は、再飲酒リスクが高まる「週末」「月末」を強く意識することで禁酒が継続できるようになりました。

まとめ

病院に行かずに自分でお酒をやめるには、イヤでも自分と向き合わないと始まりません。

そのうえで、下記2点に取り組んでみてくださいね。

①まずは、あなたに飲酒をさせるのは「アルコールに支配された脳」であり、「ドーパミン」であることをしっかり認識しましょう。
②そして再飲酒してしまったトリガー(きっかけ)を突き止め、対策しましょう。

お酒をやめたいあなたの参考に少しでもなれればうれしいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

禁酒断酒
スポンサーリンク
「MJ」のTwitterアカウントはこちら
MJ BLUE BLOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました