あえて飲まない「ソバーキュリアス」の魅力とは?アルコールを控える新しい選択肢について解説!

あえて飲まない「ソバーキュリアス」の魅力とは?アルコールを控える新しい選択肢について解説!禁酒断酒
【禁酒支援サービス】まずは10日間の無料体験を

ソバーキュリアス(Sober Curious)とは、あえてアルコールを控える選択をすることによって、身体的、精神的、社交的なメリットを享受し、自己啓発や健康増進を目指すライフスタイルです。

ちなみに、それぞれの単語の意味は次のとおり。

Sober=しらふ
Curious=好奇心がある

私の場合は「あえて飲まない」みたいなニュアンスで捉えていますね。

この記事では、ソバーキュリアスの定義と起源、なぜソバーキュリアスが注目されているのか、そしてソバーキュリアスがもたらすメリットや実践方法について詳しく解説していきます。

この記事を最後まで読むと、あえて飲まない「ソバーキュリアス」というライフスタイルについて網羅的に理解することができます。

【禁酒支援サービス】まずは10日間の無料体験を

    ソバーキュリアスとは何か?

    「ソバーキュリアス」とは、アルコールを控えめに摂取し、自己理解を深めるライフスタイルのことを指します。

    具体的には、アルコールを摂取する前に自分の気持ちや欲求に対して問いかけ、アルコールを飲む必要があるのかどうかを考えることで、自己理解や自己成長に繋げようとする考え方です。

    また、アルコールを控えめに摂取することで、肉体的な健康や精神的な安定を追求することも目的の一つとされています。

    ソバーキュリアスは、あくまでも個人の自由な選択であり、全面的な禁酒を唱えるものではありません。

    「ソバーキュリアス」の言葉の起源は、イギリスの作家であるRuby Warrington(ルビー・ウォリントン)が2018年に出版した書籍「Sober Curious: The Blissful Sleep, Greater Focus, Limitless Presence, and Deep Connection Awaiting Us All on the Other Side of Alcohol(『ソバーキュリアス:アルコールの向こう側に待つ至福の睡眠、より大きな集中力、限りない存在感、そして深い繋がり』)」で用いられたことから始まりました。

    ウォリントン自身は、アルコールに依存していた時期があり、その経験からアルコールを控えめに摂取することで、より豊かな人生を送ることができることを実感しました。

    そして、彼女が提唱する「ソバーキュリアス」の考え方は、徐々に注目を集め、今では世界中の人々に影響を与えています。

      なぜソバーキュリアスが注目されているのか?

      「ソバーキュリアス」が注目されている理由はいくつかあります。

      まず、近年アルコールを含めたドラッグや薬物に対する意識が高まっており、特に若い世代を中心に、適度な飲酒を促すムーブメントから、アルコールを控えるライフスタイルが注目されるようになりました。

      その中でも、「ソバーキュリアス」は、アルコールを完全に断つことを前提にした「禁酒」ではなく、アルコールを控えることで得られるメリットを追求する、よりフレキシブルなライフスタイルを提唱していることが特徴的です。

      また、アルコールの過剰摂取による健康被害が指摘されるようになり、アルコール関連の病気やトラブルを未然に防ぐためにも、アルコールの摂取量を減らすことが求められています。

      その点で「ソバーキュリアス」は、アルコールを控えることで健康を守り、より充実した人生を送れる可能性が高まります。

      加えて、アルコールを摂取しないことで得られるメンタル面や社会的なメリットが注目されています。

      例えば、アルコールによる翌日の二日酔いや、アルコールを理由に発生するトラブルがなくなることで、よりクリアな頭で楽しい時間を過ごすことができます。

      また、アルコールを飲まないことで、運転中や日頃の判断力に影響が出ることがなくなり、安全で健康的なライフスタイルを実践することができます。

        ソバーキュリアスがもたらすメリットとは?

        アルコールを控えると、様々なメリットがあります。

        まず1つ目は、身体的な健康面です。

        アルコールの過剰摂取は、肝臓や膵臓、脳などに悪影響を及ぼす可能性があります。

        また、アルコールを飲むと、次の日の朝に二日酔いという症状が現れることがあります。

        しかし、アルコールを控えることで、このような健康リスクを減らすことができます。

        2つ目は、精神的な健康面です。

        アルコールを飲むことで興奮状態になり、リラックスした状態を長く保つことが難しくなります。

        また、アルコールを飲むと感情が不安定になることもあります。

        しかし、アルコールを控えることで、心身ともに健康的で安定した状態を保つことができます。

        3つ目は、社交面です。

        アルコールを飲まなくても、楽しい時間を過ごすことができます。

        また、アルコールを飲まないことで、自分自身の意思で楽しい時間を過ごすことができ、自己肯定感を高めることができます。

        以上のように、アルコールを控えることは、身体的・精神的にとても良く、社交的なシーンでも楽しい時間を過ごすことができるため、多くの人々に支持されています。

          ソバーキュリアスの実践方法

          具体的に、ソバーキュリアスを実践する方法には以下のようなものがあります。

          ❶アルコールを控える期間を決める

          ソバーキュリアスを実践するにあたり、アルコールを完全に断つ必要はありません。

          アルコールを控える期間を決め、その期間中はアルコールを摂取しないようにします。

          期間は1週間、1カ月、3カ月など、自分に合った期間を設定しましょう。

          ❷アルコール以外の飲み物を探す

          実はアルコール以外からもリラックス効果や興奮効果を得ることができるため、アルコール以外の飲み物を探してみましょう。

          ハーブティーやジュース、スムージーなどがおすすめですね。

          また、ノンアルコールのビールやワインも、アルコールの代わりになることがあります。

          ❸オンラインコミュニティに参加する

          ソバーキュリアスを実践する人たちが集まるオンラインコミュニティに参加することで、自分と同じようにアルコールを控える人たちと交流することができます。

          交流を通じて、自分自身のソバーキュリアスの実践方法を見つけることができます。

          個人的におすすめなのはX(旧Twitter)です。

          ❹新しい趣味を始める

          アルコールを飲むことが楽しいと思っていた人は、アルコール以外の楽しみ方を見つけることが大切です。

          例えば、料理やスポーツ、アートなど、新しい趣味を始めることで、アルコール以外の楽しさを発見することができます。

          以上のように、ソバーキュリアスを実践するには、自分に合った方法を見つけることが重要です。

          自分自身の目的や理由を明確にし、焦らず無理をしないように心がけましょう。

            まとめ:あえて飲まない「ソバーキュリアス」の魅力とは?アルコールを控える新しい選択肢について解説!

            ソバーキュリアスには多くの魅力があります。

            アルコールを控えることで、健康に良い影響があるだけでなく、心の安定や自己発見など、より深い自己理解や成長を促すこともできます。

            また、ソバーキュリアスは個人で自由に取り組めるため、アルコールに依存しない、より健康的でバランスの取れたライフスタイルを実現することができます。

            アルコールを控えることに抵抗がある方も、まずは少しずつ始めてみることで、自分にとっての最適なバランスを見つけることができるでしょう。

            【禁酒支援サービス】まずは10日間の無料体験を

            コメント