禁酒レポ -2週間の効果・離脱症状・禁酒のコツ-

禁酒レポ -2週間の効果・離脱症状・禁酒のコツ-禁酒断酒

ここでは、禁酒カレンダーにシールを貼りはじめて2週間の禁酒効果・離脱症状・禁酒のコツなどを、忘れないうちに書いておこうと思います。

私が活用している禁酒カレンダーについてはこちら↓の記事をご覧ください。

『「禁酒カレンダー」は禁酒/断酒を成功へと導くオススメの方法です』

また、禁酒開始3日目に関してはこちら↓の記事をご覧ください。

『禁酒レポ -3日目の効果・離脱症状・禁酒のコツ-』

スポンサーリンク

禁酒2週間の効果は?

禁酒2週間の効果は?

いちばん大きかったのは、体重が3㎏ダウンしたということです。

具体的には、70㎏→67㎏というものですが、ちょっとうれしいです。

禁酒を開始してからというもの、無性に甘いものを欲するようになり、具体的には”黒糖かりんとう”を毎晩1袋食べるようになりました。

ローソンの黒糖かりんとう恐るべしです。

ただ、そのままだと太ってしまうと思い、1日を通したカロリー制限と筋トレ(TABATA式)を同時進行で取り入れることで、結果的に3㎏の体重減少となりました。

お酒をやめるのとほぼ同時に、夜お腹が空くようになりましたので、これはアルコールのせいだと思っています。

禁酒の離脱症状は?

離脱症状は?

禁酒開始から2週間を経過して感じたことは、「週末になると飲みたくなる」ということです。

特に金曜日です。

私の仕事は基本的に土日祝がお休みなので、そこに突入する前の一瞬が最も危ない時間帯です。

が、なんとかリンゴ酢の水割りで乗り切りました。

あらかじめ自己分析によって、「週末」や「月末」の飲酒欲求の高まりに注意しなければならないことは判っていたので、そこに意識を集中させました。

この自己分析については、当ブログ内の別記事「禁酒が失敗してしまう原因とその対処法」に詳しく書いてありますので、合わせてご覧くださいね。

禁酒のコツ

禁酒のコツ

自分の中で大きかったのが、”同僚の飲み会に4時間、ノンアルコールでいけた!”という出来事です。

私自身、これは大きな自信になりました。

今までだと、仮に飲み会の場だけは我慢できたとしても、家に帰る途中で必ずコンビニに寄って追加のストロングゼロを買っていました。

やはり、YouTubeを継続視聴することによる自己暗示(セルフマインドコントロール)がベースにあることが安定感をもたらすんだと確信してきました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

あわせて読みたい

禁酒から1ヶ月経つと、少し余裕が出てきますよ。つづきが気になる方は「禁酒レポ 1ヶ月後 -飲み会を無理に断る必要がない3つの理由-」も合わせてご覧ください。

また、お酒のやめ方を詳しく解説した記事もあります。「晩酌をやめる方法を解説! -4段階の目標設定から具体的な方法まで-」も参考になると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました