2021-03

書籍

『お酒を飲んで、がんになる人、ならない人』の概要(後編)

書籍『お酒を飲んで、がんになる人、ならない人』の概要を解説していきます(後編) ◆飲んだ翌日に酒臭い人は、アルコール依存症や食道・頭頚部がんになりやすい ◆アルコール依存症になりやすいのは、「アルコール分解が遅い」×「赤くなる(アルデヒド分解が遅い)」という組み合わせ ◆「アルコール分解が速いか遅いか」は遺伝子を調べないとわからない ◆大半の日本人はアルコール依存症になりにくい体質 ◆酒臭い人は発がんリスクが高い ◆成人するまでにアルコールに関する正しい知識を持つことが重要 ◆アルコール分解が遅い人はビール腹になりやすい
2021.07.03
書籍

『お酒を飲んで、がんになる人、ならない人』の概要(前編)

書籍『お酒を飲んで、がんになる人、ならない人』の概要を解説していきます(前編) ◆アセトアルデヒドに強い発がん性がある。 ◆唾液中のアルデヒドは高濃度。 ◆飲んでも赤くならないタイプよりも、飲むと赤くなるタイプの方が食道がんリスクが高い。 ◆昔はすぐ赤くなる体質だったのに、数年後に飲めるようになってきたタイプが最も危険。 ◆エタノールパッチ法では遺伝子欠損を見分けることはできないので、確実に把握するには遺伝子型の検査をするしかない。
2021.07.03
タイトルとURLをコピーしました